社会と次世代を担う若者を支援します。

設立趣意

  • HOME »
  • 設立趣意

設立趣意

 設立時理事3名(中辻憲夫、藤本一郎、細川美穂子)は同時期に京都大学物質-細胞統合システム拠点に所属していた経歴があり、同拠点を介した縁で集いました。中辻憲夫は設立拠点長として新たな学際領域の開拓と創出に、藤本一郎は実務家法曹としてイノベーションマネジメントに、細川美穂子は分子細胞生物学および生命情報科学の専門家として基礎研究に、携わりました。
 当法人を設立するにあたり、私たちは次の世代に何を残せるか、社会に対して何ができるか、真に豊かな社会とはどのような社会か、其々の立場から議論を重ねました。豊かでより良い社会を実現するためには、例えば自然環境問題、資源エネルギー問題、貧困や格差固定問題などいくつもの課題が挙げられ、これらの課題について行政が主軸となり、また多くの民間団体からの支援助力により、積極的な解決や改善が試みられています。一方で、支援の手が行き届かない課題が未だあり、私たちはこれまで各自の立場で職務を遂行してきた中で解決が必要と感じる様々な課題に直面してきました。
 私たちは、より良い社会を実現するためには豊かな自然環境と科学技術の調和が重要であり、調和の形成には多種多様な基礎研究を広く守り科学が発展するための土壌を育成することが必要であると考えます。また、これらを支える上で何よりも重要なのは「人」であると考えます。
 小さな法人故に出来ることに限りがあります。私たちは支援の手が充分に届きにくい課題に焦点を絞り、私たちの「目の前」にある課題を大切に考え、時代や社会のニーズに従って、「研究を守り育てる事」と「人を育てる事」を柱に事業を行い、これら事業をもって、より良い社会の実現に貢献していきたいと考えております。

設立経緯

 当法人は2015年11月13日に、社会と次世代を担う若者を支援することを目的とし、中辻憲夫氏の個人資産を原資として設立されました。設立者の中辻憲夫氏は、京都大学教授在任中に再生医科学研究所所長および物質-細胞統合システム拠点設立拠点長を歴任した発生生物学者で、特に幹細胞生物学分野において、2003年に成功したヒトES細胞株の樹立と分配事業の立ち上げを主導して日本国内の再生医学基盤を築き上げた功績が高く評価されています。2003年に中辻憲夫氏(京都大学再生医科学研究所教授・当時)および中内啓光氏(東京大学医科学研究所教授・当時)が中心となった大学発スタートアップ企業リプロセルが設立され、同社が生産販売を開始したヒトES細胞用培養液が、ヒトiPS細胞株の樹立を含むヒト多能性幹細胞の培養および研究に広く使用され、再生医学研究の発展に貢献しました。このような幹細胞と再生医学研究の興隆を受け、2013年にリプロセルは東京証券取引所JASDAQグロースへの上場に成功し、中辻憲夫氏は創業者として得られた資産を、社会と次世代を担う若者を支援するために活かしたいと志を深め、当法人の設立に至りました。

PAGETOP
Copyright © Nakatsuji Foresight Foundation All Rights Reserved.