社会と次世代を担う若者を支援します。

子ども食堂などに学習機能を付与するための助成事業

  • HOME »
  • »
  • 子ども食堂などに学習機能を付与するための助成事業

*目的

貧困や家庭環境など様々な原因で困難な状況にある子ども達を支援するために、近年、篤志家をはじめ多くの方々のご尽力により各地に「子ども食堂」や「子どもの居場所」が設置運営されています。また、これらに対する地方自治体等による助成も行われています。

このような場に集う子ども達のなかには、幼い頃からの学習環境不足により基本的学力が不十分なために教育の機会すら失ってしまっている子ども達、学校の学習から取り残され自尊心を持てない子ども達、夢や希望を持てない子ども達も含まれ、世代を超えた貧困の固定化の一因にもなっています。

子ども達の教育機会を確保し、学校教育から取り残されない学習環境を整える事は、子ども達が自分自身の将来を諦めてしまわないために重要であり、「子ども食堂」や「子どもの居場所」に学習支援機能を付与する意義は大きいと考えます。また、学習指導員として大学生や大学院生などの若い世代を雇用する事で若者を経済的に支援するとともに、困難な状況にある子ども達とふれあった経験を持つ若者を増やし、そのような経験を持った若者が社会で活躍する事で、中長期的に子ども達を支える社会の手が広がっていく事を願っています。

 

*2018年公募 申請受付期間

2017年11月13日(月)〜2018年1月12日(金)

 

*助成期間

2018年1月〜2018年12月(12ヶ月)

 

*募集地域

京都府、大阪府、滋賀県

新規事業の公募初回である事と、予算規模から、少なくとも当面は上記3府県を公募範囲とさせていただきます。

 

*助成金額

1件につき50万円、もしくは50万円以下の任意の金額

 

*公募件数

5〜6件程度

 

*助成金の申請要件1

助成金の用途(支出計画)について、助成金の50%以上を学習支援のための人件費(大学生や大学院生等の若い世代)に充てることを必須とします。それ以外は子ども達が集まる場所を整備し運営するための用途に支出可能です。詳しくは応募要項をご参照ください。

 

*助成金の申請要件2

申請時に応募団体の会則の提出が必要です。

 

*申請手続き

所定の申請書(本ページよりダウンロードしてください)に記入の上、会則と申請書の2点を下記メールアドレスへ添付書類としてご提出ください。

メールアドレス:info@nakatsuji-ff.org

申請後の流れについては応募要項をご参照ください。

2017年11月22日追記:ご使用のコンピューター環境によっては申請書をダウンロード出来ない事があるようです。その場合は上記までメールにてお問い合わせください。

 

*報告書の提出

所定の報告書(本ページよりダウンロードしてください)に記入の上、2019年2月末日までにご提出ください。

報告書や領収書の提出について、詳しくは応募要項をご参照ください。

 

*その他

・助成先の団体について、概要を当財団のホームページにて公開いたします。

・故意の不適切な使用が判明した場合は、全額の返還請求を行います。また同団体については、当財団助成事業への以後の申請を禁止します。

 

*応募要項及び申請書、報告書

応募要項:2018応募要項

申請書:申請書xlsx 申請書pdf

報告書:近日中に公開します。

 

*本件に関してご不明な点やご質問事項がある場合は、下記メールアドレスまでお問い合わせください。

メールアドレス:info@nakatsuji-ff.org

PAGETOP
Copyright © Nakatsuji Foresight Foundation All Rights Reserved.